03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --  -  cm: --
go page top

 

勉強環境今昔。 

 

快適ぬくぬく日曜日、るかです。


2日の引きこもり生活を経て、俄然勉強に対するやる気が出てしまった僕は、今エコノメトリックスの課題をちゃっちゃっと片付けた所。

出前一丁うまいす。


HARIBOを定期的に摂取しながらの課題作成、相対性理論を作業BGMにしていた事もあってこれが捗る捗る。

久しぶりに浴びる心地良い日差しを南向きの窓から浴び、ジュゲム(家で買ってる観葉植物)を愛でながら効率良く数式を解いていく。

こんな日曜日もいいかもしれない。



しかし、ここで気づいた事が一つ。


前の住居でどうだっただろうか。


ちょっと比較してみよう。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




むかしむかし



OWENS PARK。



その悪名高さたるや、マンチェスターヒルトンタワーに届くほどである。

以前に居住経験がある者はその名を聞くだけに顔に青い斜線が降り、見たことない者でさえ身を震わす。


それくらいすごいのである、Owens Park。



監視カメラと鉄柵の数に関して言えば、大学寮ではかなり上位にランクインするのではないだろうか。

物々しい門を潜ると、まず目に入るのは極寒の中レギンス一枚で走りまわる男女の群れ、ビール瓶、シケモク、そして大量のゴミ。

そしてもしアナタがそのカオスを初見で分析し通り抜けられる程スキルとラックを兼ね備えた人ならば、建物内の強烈なマリファナ臭と散乱した使用済みコンドームを目にする事だろう。



さて、そんな環境ならば部屋もなんとなく予想が付くだろう。


小さなデスクに軋みまくるシングルベッド、カーペットはシミだらけ。

そして何より僕を悩ましたのはまったく光が入ってこない窓辺、そして隙間風に対して妙に寛容なガラス。


生活スペースの面積はおよそ6畳、小さいはずなのに効かない暖房にも困った物だ。





このような環境で僕は去年の9月から今年の4月まで暮らしていたのである。

未だにどうやって生き残ったのか甚だ疑問だ。




もちろん生活に支障をきたすだけでなく、勉学の面でも多大な影響があった。


写真でも見えるように、机の面積はなかなか小さい。

本やオーディオインターフェイスをどかしたらいいのではないか、と思われる方がいるかもしれないが、

甘い。

学生寮に本棚がないとはどういう事なのだろうか、まぁどっちにしろ物を置くスペースは机か僕が靴を買った時に入ってる箱で自作したベッドサイドテーブルしかないわけだ。


ネットはもちろん有線、ダイヤルアップに勝も劣らずもという感じだ。

その為に僕は30分もかけてバスで大学に行き勉強していたわけだ。

朝の4時頃には、1年生達の「fuuuuuuuck yaaaaaaaaaa」と嬌声が聞こえ、火災報知器が週3のペースで鳴り早起きに貢献してくれた。





もちろん、この寮の事を全て否定してるわけではない。



生粋のパーティーピーポーには最高のパラダイスであろう。

近くのクラブには平日休日かかわらず毎晩イベントをやっているし、パブも充実している。

ちょっと外に出れば「wanna weed?」とすぐに誰かしら尋ねて来るからマリファナにも困らないと思われ。

聞くところによれば、Chemical Brothersの最初のギグはこの寮のstudent hallで行われたらしい、すごい。



ただ、ちょこっと僕に合わなかっただけだろう、ちょこっとだけ、たぶん。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






いまいま



それに比べて今の生活のなんて素晴らしい事か!!!


20人でシェアしていたバスルームも、今はたった僕を含めて3人だけ。

ネットも常識的な速度を保っているし、自炊できる環境なので毎日心の底からおいしいと思える料理にありつける。


そしてこの部屋だ!!

特別オシャレにコーディネートしてるわけではないし、そんなに広いわけでもない。
友達が来た時に座るソファーだってまだ、ない。


しかしチープだが小奇麗な家具、8畳程の広々したスペース、南向きの大きな窓からはサンサンと日光が一日に渡って降り注ぐ!!(1週間に1回程度の晴れの日限定)


歩いて2分の超大型スーパーではS.PELLEGRINOが安く買えるし、下手したら電化製品なんかも売ってたりする。

大学にも歩いて5分、朝はギリギリまで寝ていられる。



半年以上あの寮で過ごした僕にとってはまさにパラダイス!

ちょこっとだけハウスメートとの関係がめんどうくさかったりするが、韓国人の先輩はとっても仲がいいしあまり苦にならない。






やはり住むところによって、普段の生活での精神的な余裕が全然違ってくると思う。

勉強は捗るし、友達も家に呼んでみたくなるものだ。




大学生活も残るところあと2年。

もっと有意義に、もっとポジティブに、そしてもっとROCKに!!


生きるぞ!!!









出前一丁うまい。

るんるーん!!




スポンサーサイト
tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

 

お久です。

こちらは学校まで電車で1時間。
ちなみに通勤ラッシュとぶつかります。
アメリカボケの自分にとっては
毎日が地獄のようです。

るんるーん ←

URL | ナツ #-

2010/10/25 13:06 * 編集 *

白血球2万超えて命の危険すら感じる今日この頃
さすがに紹介状持たされたので

銀座と言うキット金持ちしかいない場所で開業してる
叔父の病院に行って来る。
大学病院の紹介状もらったけど、待つのヤダ。

オシャレなインテリアじゃなくても
明らかに快適になってるのは分かる!
良かったね。 学校まで5分で!(ココ重要)

URL | ばぶ #l2Lw7gj.

2010/10/25 14:38 * 編集 *

go page top

 

コメント投稿

 

Secret

go page top

 

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://totemosukuname.blog23.fc2.com/tb.php/337-3229956b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

かうんた!

 

 

おれー!

 

 

かれんだ!

 

 

ついったー!

 

 

さいきん!

 

 

こめんと!

 

 

とらばく!

 

 

つきべつ!

 

 

おきにいり!

 

 

けんさく!

 

 

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。