01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --  -  cm: --
go page top

 

a Hard Day's Night 

 

くろかわさん


しかっしアレだな。

ハードな週末だったよ。


久しぶりに大学生らしい週末を過ごしたと思う。

すでにパジャマに着込んで寝る準備してた金曜日に連絡くれたヤスコさん、感謝しとりますよー!



金曜日はマンチェスターでVJやってたコーイチさんのお別れぱーてー。

当の本人は死んでたけど、僕は以前の鍋ぱーてーで会った顔ぶれに偶然再会して沢山飲んだ気がする!

かっこいい人やらかわいい人とも沢山出会えたし、満足。


土曜日は本当に、もう、しりとりに尽きる。

キョーコちゃんと、ひたすらダラダラごろごろして、ノコさん迎えに駅へ。

その間7時間程、食べ物縛りでとにかくしりとり。

煙草吸っててもスーパー行っても飯食っても、ずっとしりとり。


最終的に収集が付かなくなり、じゃんけんで決着を。

じゃんけんは、苦手。




その後、ユージの家で初対面のイソミ君も交えごはんタイム。

久しぶりのお魚に興奮、ビール飲み過ぎてそんな食えんかったけど、おいしかた!

と、まて、今思い出した。

あの日エビマヨ作ろうと思ってすっかり忘れとった!!!

ユージ!!エビ返して!!!!!



おいしいご飯の後は、イソミ君の屋敷にお邪魔。

妙に整然とした散らかり方をした部屋で、ごくごく飲んだりぷかぷか吸ったり。

よい音楽とよい話と。

正直ニコ動で再生したあの怖い話朗読は余計だった。本当に余計だった。



そんなこんなで空が白みだした頃、帰宅。

Neil Youngを聞きながら、ボヤけた頭で歩くマンチェスターの街は、なんだかとっても綺麗でした。







ちなみに写真は雪の黒川温泉。

素敵な週末だったけど、正直疲労困憊…

温泉に行きたいのですよ。




スポンサーサイト
tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

お掃除は割と好き 

 

机上


僕を一週間近く苦しめていた課題が一気に2つも終わり、やっと解放された気分。

解放されついでに、つい先延ばしにしていたお部屋のお掃除をば!


16時に講義が終わり、友達の誘いを断りいそいそと家に。

荷物を隅っこにやり、掃除機と雑巾を取り出し作業開始!

念入りに掃除機をかけ、徹底的に雑巾で机や窓辺を拭くこと約1時間ちょっと。

見違えるように綺麗になった部屋!過ごしやすい!


掃除するタイミングで、ベッドのシーツやらも全部洗ったので、今日は綺麗な部屋&ふかふかベッドのダブル快眠コンボ。

明日一限から講義があるのが、心底悔やまれる。



テンション上がって机の上の写真とか撮ってみたが、暗い上に煙草とスコアにピントがいって何やら暗い感じに。

あと何故かcaps lockがオンになってるという。

でもなにやら緑とオレンジの光の対比がちょっと好きな一枚。

もちろんPCの画面は容量少なめにセット、無駄な努力。



さて、明日も早いしそろそろ寝ますかね。

2月ラストの講義、頑張る!






おへや


一応、部屋の全景もうp

撮影した側にもかなりスペースがあるので、実際はもっと広い。


とりあえず、あれだな。

この絶望的にダサいカーテンをなんとかしないと…





tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

統計学とマクロさん 

 

あたたたたた



なにやら温かみがある写真が撮れたので、うp。


このかわいらしいマグは、2年前の誕生日に幼なじみのまやちゃんに貰った物。

大事に使っとるけんね!



さて、そんなマグになみなみとエスプレッソを注いで無理やり目をこじ開けて課題に取り組む日々も、明日で終わり。

たった今下書きを仕上げたところで、明日の朝の最終チェックを残すまで。

明日14時に、僕は解放される…



課題提出したら、早速お部屋のお掃除をしよう!

掃除機かけて、隅々まで雑巾がけしてやろう。


最近部屋の改装を目論んでいるルカ様。

椅子をもっとオサレにして、元々あったカーテンも無地の物に。

クリップ式の間接照明と、あと鏡が欲しいなぁ。

あとAppleのシネマディスプレイをebayかなんかで落として、夢のデュアルスクリーン快適ネット生活も叶えちゃおうかしら。


とりあえずまずは、仕送り待ち。

週末には友達誘ってIKEAに行こう。





みっく


新しく壁に貼った僕のアイドル、ミック様のためにも快適な部屋にせねば!




tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

カオスの淵 

 

じっぽっぽ



仕送りが…来ねえぇ…





tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

スコットランド旅行(3日目!) 

 

ぼち


前回に引き続き、エディンバラ旅行記をば。

うるせぇ、どうせ一日ひきこもってて暇なんだよ!

思い出に浸る他はないんだよ!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



さて、生まれて初めてユースホステルなるものに泊まったわけだ。

他の二人は以前にも宿泊した事があるようで、終始リラックスしていた様子だったが…


天真爛漫気取りの癖に妙な人見知りをする僕、終始誰かが入ってこないかびくびく。

正直眠れた気がしなかった…

(まぁクラブの真横にホステルがあった事にも原因はあるが)


一泊£10(1300円くらい)という価格は非常に魅力的ではるが、次は普通にビジネスホテルとかがいいなぁとか思ったりしたり。





3日目の主な予定は、グラスゴー訪問と帰宅。

すっかり馴染みのカフェで朝御飯を食べ、コンビニでHARIBOを買い込み、いざ出発。


お天気は生憎の小雨だが、車移動の僕達に問題はなかった。


1時間余りでグラスゴー入り。

日曜日だったので駐車場所に困る事もなく探索開始。




まず驚いたのが、エディンバラとの違いだ。

100キロくらいしか離れていないのに、こうも違うとは…

確かに北部の独特の雰囲気はあるのだが、かつて文化の中心点だったコスモポリタン的グラスゴーの影はどこにも見受けられなかった。

中心部なんて、まさにマンチェスターそっくり。

中途半端に発展した工業都市の哀しさを見た気がした。






けいおん!


けいおん!の英訳版が当然の様に本屋に置いてあるのは、なにやら文化都市っぽいが…

なにか、間違った方向に行ってないだろうか…


ペロペロペロペロペロペロ




中心部を見て回った後は、大聖堂を目指しながら散策。

妙に勾配のきつい坂がある以外は、どこからどうみてもマンチェスター。

こんな哀愁漂う小路を歩きながら、アダム・スミスがなんであんなに研究に励めたのかわかった気がした。


余談だが、AC/DCのアンガス・ヤングもグラスゴー出身。

彼の出生の地と人柄の関係性に想いを馳せると、『反面教師』というワードしか出てこないが…





そんなこんな喋りながら歩くこと30分弱。

大聖堂に到着。





だいせいどう



12世紀に建てられたこの大聖堂。

修復を何度重ねても、長い年月の洗礼を受けた姿にはやはり歴史を感じる。

しかし、木製のシーリングや、世代別に作られたステンドグラスがやはりカトリック系の教会とは一線を画している気がする。





ぐらす


特に気に入ったステンドグラス。最近の物らしい。

部屋に欲しい。





この後は、冒頭の写真の暮れなずむ教会裏の墓地を散策。

時刻はまだ14時だったが、この夕暮れ具合。

緯度の高さを実感。




ぐらすご


エディンバラみたいな美しさはないけど、この景色を見ると、過去の栄華の残骸みたいなのを感じられる気がした。



なにやら皆、ちょっと口数少なくなりながら車を目指す。

またいつか、一人でゆっくり訪れてみたいと思った。













と、ここで綺麗に締めようとしてみたがそうはいかない!


この旅の超優先事項を忘れていた!


勿論…



牡蠣!




かき!


見てよ!このトロぷる感!

レモンの酸味と、林檎と玉ねぎのジャムの風味。

それにこの磯の香りと、神々しい程のコク…


あの時の体の震えと言ったらもう…不感症も一発で治せるレベル。

残念ながら運転しなきゃだったのでお酒は飲めなかったが、これにシャンパンなんかが合わさったら僕はそれこそ震えすぎて近くの水気を一瞬で蒸発させるくらいの域に達していただろう。


シーズンオフときいて、そんなに期待してなかったが、これはすごかった。

次はちゃんとした時期に行きたいところだ。勿論他の人の運転で。




たらふく牡蠣やら魚を食べたあとは、遂にこの街ともお別れ。

エディンバラで都市設計の美を見て、グラスゴーで哀愁に暮れる。

美味い海鮮と、澄んだ空気。

スコットランドが大好きになった旅でした!





今日の今頃、日本ではけいおんライブか…

いいな…いいな…





tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

エディンバラ2日目 

 

さかみち


週末の深夜、暇なのでこの前ちょろっと書いて放置していた、エディンバラ旅行記などを。


1月末、試験が終わったその日に僕らの旅行は始まった。

夕方に出発したので、一日目は移動に終始した。

車のいないガラガラの高速を、北に向かってひた走る。


高速降りてから少し走った所で見た星空はすごかった。

ちょっと煙草吸いに降りただけだったのに、まさかあんな長居してしまうとは…

きっと空気が澄んでるんだろう、寒いのにめちゃくちゃ気持ちよかった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



2日目の朝、ユースホステルで一晩過ごした後、街を歩いて回る事に。


最初に驚いたのは、坂の多い事!

川がないのに橋があり、階段でのショートカットも多数。

ちょっと歩いただけじゃ、方向感覚ある人でもすぐに迷っちゃう。


あとエディンバラにも自転車タクシーはあったが、この街に限っては特別手当が出てもいいと思う…

酔っ払った客の嬌声を浴びながら、急な上り坂を登っていく自転車タクシー…もはや拷問のレベル。



しかしこの街の綺麗な事といったらない。

古い建物と新しい建物の調和。

新しい建物も、変に古っぽく作ってあったり、前衛的だったりするわけでもなく、ひたすら既存の建物と調和するように作られている。

なにか徹底した哲学を感じた。





かいがん



エディンバラのいいとこは、海と山がとっても近い事。


正直、福岡が故郷の僕にとっては海と山が近い事が住むところの絶対条件なのだが、マンチェスターに来てしばらく忘れていたみたいだ。

やっぱりとっても落ち着く。


海でカモメさん達と戯れながら、テクテク歩く。

写真見てわかる通り、とっても寒かったけど…



おやま


お山にも登ってみたりね!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


夕食にたらふく牡蠣を食べたあとは、昼間に行った公園で夜景を撮る事に。


しかし公園に行く途中に、友達の一人が腹が痛いといいだし…

ちょっと言えない速度で市街地を爆走したのは内緒。

背に腹は代えられない。

借り物の車を排泄物まみれにするぐらいなら、罰金でもなんでも払ってやるよ…



幸運にも、罰金を払うことも、残りの旅を仄かなウンコ臭と過ごす事もなく無事トイレに到着。

そこからゆっくり公園へ。






やけい


3脚なしに撮ったので微妙な写りやけど、とっても綺麗だった。



いや、勿論夜景のクオリティで言えば、ロンドンや東京や香港とかの方が全然綺麗だろう。

でもなんだろう…あの古い建物だけが出せるあの柔らかな光の反射。

この雰囲気は、しっかり筋を通した街づくりをしているエディンバラにしか出せないと思う。


感動する夜景は山ほどあるけど、ホッとする夜景はこれが始めてかもしれない。






3日目は、グラスゴー編。

ひきこもった日に書こうと思う!





tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

テンション上がり下がり 

 

HOKORI


昨夜、悲劇は起こった。



久しぶりのケバ部集会。

部長の家でハヤシライスを食べて、そこからROADHOUSEでのライブイベント。

PING PONG CLUBというイベントで、何故かステージ近くに卓球台があってみんな遊んでるという謎の集会。

前座のバンドはいまいちだったが、二つ目とトリはなかなか好きな音。



しかし問題はライブハウスに行く途中。

ハヤシライスで超満腹の3人、食後の睡魔に襲われみんなテンションただ下がり…

そこで、よくわからない使命感に駆られたであろう部長がホゥホゥ言いだした。

たぶんテンションを上げようとしたのだろう。



しかし、そこで同調して華麗なにゃんにゃんジャンプをかましたのが間違いだった。

カーディガンのポケットに入っていたiPhoneは華麗な弧を宙に描き、夜のネオンをキラキラと反射させながら歩道の隅っこに落ちていった。

この間、僕の目に一連の動作がスローモーションで写っていた事に異論はない。



パキャッ!と嫌な音をたてて落ちたそれを拾い上げ、即ポケットにしまう僕。


しばらく現実と戦っていたが、結局敗北し見るはめに…

あとはもう写真の通りです…







しかし、これでなにやら更に愛着が湧いた気も。

ひびの入り具合が、なにやら中二臭がしてかっこいい。

直さずに、5が出るまで使う事にします!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







ちたーに



チターニのツイッターアイコンを描きました。

フォロワー少なくて困ってるみたいです。

キモイツイートしかまだ見てないけど、フォロワーが多くなれば相対的に面白くなるはず…

興味のある方は、どうぞ。

お箸箱(taco02)


ちなみに僕は興味ないです。







tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

さむいひ 

 

さむいよ


週末のぽかぽか陽気はどこへやら、またじめじめした天気になってきました。

今日は一日中講義講義、講義の連続。

小雨はずっと降ってるし、自転車はパンクするし、仕送りは遅れてるし…正直あんまりいい日じゃなかったかな…


でも大丈夫!

もうすでに用事は全て片付けたし、あとはもうトンカツ作ってぬくぬくの布団の中でビール飲みながらアニメ見るだけなんだ!

明日はお休みよーふっふーー!







たった今気づいたが、写真の窓ガラスにがっつり僕が写りこんでる…

心霊写真ぽさが半端ない。






tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

波蓮駄院 

 

けーき


さて、2月14日が終わるまであと3時間弱。

日本ではもうすでに6時間前に終わった計算になるのか、なんて羨ましい!



しかし今年はまだ救いがあった。


ケバ部ギャングの副部長、しおり様がバナナカップケーキをくださった!

ありがたやー…ありがたやー…

おいしく頂きました。




しかし本命チョコなんてもう何年も貰ってないだろうか。

高校をヴァレンタインデー文化の浸透していないイタリアで過ごしたのを差し引いても、かなり長い気がする…

(しかしヴァレンティーノさんイタリア人なのに故郷で浸透してないってのも面白い話)



あぁ、黒髪ショートのツンデレっ子に顔を真っ赤にされながらチョコを渡してもらえたらなぁ…とか妄想する一日。

しかし、高貴にして偉大なるルカ様は気付いた!

オルタナティブが、ある!!!!







まいくろちゃん



この方法なら無限にチョコを貰える!!!!!!


という事であずにゃんとむぎゅぅからも貰ったけど、あとで見返して死にたくなったのでうpはやめたよ。




しかしこのマイクロ経済の講義中に爆誕したツンデレっ子、通称マイクロちゃん。

自分で描いといて言うのもなんだが、かなりタイプだ…




鏡を見て、どこか自分に似てると思った貴方!

ルカ様のここ、空いてますよ。







tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

エディンバラ旅行~全ては牡蠣の為に~ 

 

prof


テスト期間中、爆発寸前だった僕たちは突発的にエディンバラ旅行を決めた。

車を借りて、着替えとカメラをバッグに詰め込み、お菓子を大量に積んで。

ダウンジャケットとかも、柄にもなく着ちゃったりして。



フランス人、中国人、偽イタリア人というパーティーはかなり目立ったけど、順調な旅になりました。

2泊3日、正直色んな事がありすぎて書ききれません…

とりあえずこのネタは小出しにしていこうかとw




今日は日曜日。

一日泥の様に眠ったら、なにやら余計疲れてしまい…

今日はもう寝ますですよ。





touch




KEEP CLEAR!!!!!!!!!



tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

どようび! 

 

KISS


ギブさんにステッカーはりはり。

しかしKISSにピントが合ってしまいあとの5枚はなにがなんだか…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今日は三ヶ月程イギリスにいた友達の帰国日。

朝10時半にみんなでバス停でお見送り。

ちょこっとウルっと来たのは内緒。

でこさん、日本でも元気でね…




しかし今日は久々のタウン。

土曜日の11時過ぎにのこのこ家に帰るのも癪なので、ステッカーとポスターを漁りに行くことに。

一緒に見送りに来ていたコージと一緒にnorthern quaterにある雑貨屋さんへ。

ステッカー6枚とポスター2枚購入。



しかし日本のステッカーやらポスターやらはなんであんなに高いのだろう。

限定品や、ヴィンテージならまだしも普通の市販のポスターが1500円前後なんてまったくもって理解不能。


ちなみにステッカーは6枚で5ポンド、ポスター3.99、でかいポスターは5.99。やっすーい




こーじ




ふらりと寄った楽器屋さんで遊びまわる。

試しに弾いたバンジョー、チューニングからして特殊だが、音に妙な張りがあっておもしろい!

僕はやっすいアコギを試し弾して心が終始ぐらっぐらだったが、なんとか口座の残高を思い出し断念。

後ろ髪引かれまくり、襟足伸びるわ。





午後



今日はぽかぽか陽気のいい天気。

カナル沿いにゆっくり歩いて僕のうちまで。

ギターの弦を変えて、ポスター貼って、フライヤー群の配置を変えて、だらだらだらだら

お腹がすいたらチーズ食べてサラミ食べて、また親子丼食べて、煙草吸ってだらだらだらだら




江國香織さんの『きらきらひかる』が気に入ったらしいコージは、一頻り読んだあと眠りの国へ。

イビキが意外とでかい。




起きてもたぶんだらだら継続予定。

こんな土曜日も、なかなか楽しい。




tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

親子ではないと思われ 

 

どん!


昨日の唐揚げ分の肉がまだ余っていたので、今日は親子丼をば。

本当は鶏肉じゃなくて、七面鳥の肉を使ったんだが(かなり安い)この独特の食感がさらにいい味を出していると思う。



むしゃー!



tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

UNDERCOVER OF 山口県 

 

つのしま


海外旅行。

大変結構な事だ。


異なる人々、異なる文化、沢山の知識を新しく消化、吸収し、自分の視野を広げていく。

大変結構な事だ。


しかし最近気になるのは、『海外旅行をしなくてはいけない』と思っているタイプの人間。

海外に行って視野を広げた自分は偉くて、日本にずっといる他人は劣っている。

文章に起こすと酷いナンセンスだが、実際に思っている人は意外といる。




そういう世界で何ヶ国に行った!という事を自慢にしている人達は、実は旅行好きではなく唯の海外旅行ステータスアディクトなだけである場合が多い。

自国の事を知らず、海外に行ってどうやって現地の人々に日本の良さを伝える事をできるだろう。

僕は特に愛国者とかいうわけではないが、『自分の国の事をよく理解していて、それが好きだ』という事はとても幸せな事だと思う。




さて、やっと本題。

今冬、山口県に行ってきましたww


福岡からは関門海峡超えただけ、しかし近すぎても意外と行かない物だ。

灯台下暗しとはよく言ったものだ、絶対何かあると確信した僕は「鹿児島だ、長崎だ」という友達を説得し、会社の車をちょこっと借用して一泊二日の旅に出た。



しかし、こういう風に書くとかっこいいが、実際の所何かと予定が合わず、やっと決まったのだ行く当日の午前0時。

まぁこんなノリも大学生のうちにしかできないわけだから、醍醐味として楽しんだけどね!



あほたち







正直、下関などの有名スポットに特に興味を惹かれなかった僕たちは、るか様の独断でちらっとネットで見たことのある『角島』という所を目指して一路ひた走る。

(といっても、免許保持者僕しかいなかったからずっと運転…てめぇら早く免許取れ)


途中のコンビニで情報誌を買い、その場で旅館を予約。

僕の「絶対にふぐは食べたい!あと温泉は露天!オーシャンビューで!」という絶対的に譲れない条件下になんとか予約。

(マップル通して電話すると空室ないのに、直接連絡するとあるんだね。なんなんだろうねアレ)


結果、少々値は張ったものの、素晴らしい露天風呂と景色とふぐ料理のある旅館を、角島のすぐ対岸に発見。

無計画ながら、順調な旅路に嬉々としつつ、途中海ではしゃぎながら角島を目指す。



そして運転すること2時間弱。

僕らの目の前には、この景色が広がっていた。




夏!




夏じゃん!!!!




これを撮ったのは1月の6日、気温は0度付近をうろうろしており、酷く強い風が吹いていたはず。


しかしこのエメラルドグリーンの海といい、流れる雲といい…

温かい車の中にいる限り、頭の中はサザンが流れっぱなし。砂に書いた名前消しっぱなし。こんな夜は涙見せずにいっぱなし。



今一魅力を感じられなかった山口県、ただの田舎だと思っていた山口県、日本三大苗字っぽい県名の山口県。


今では僕の好きな県全国第二位です!(勿論1位は福岡県、譲れねぇ)





海外での日本のイメージといったら…

新宿の高層ビル群。

富士山。

京都の寺院群。

と、せいぜいこんな所だ。


しかしもっとある、いっぱいある。

そういう隠れた魅力を捜すべく、これからも色々行きたいなーなんて思う日々。

お金、ください。







よあけ



日本の夜明けぜよ!(※夕日です)






tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

来て欲しくなんかないんだからっ!…/// 

 

ももももも




251-TwoFiftyOne-管理人のモスに写真の良さを教えられ、一眼を持ち歩くようになったのが去年の9月。

まさかのmacのHDのクラッシュで過去に撮った写真の大半はとんでしまい、今あるのは年の暮れから今までのだけ…

これからはちょくちょくブログにもうpしようと思うんだが、一番の障害はそう…


FC2のうp容量制限。


jpgにしたり画像小さくしたりするとぎりぎりでこの大きさ。

サムネクリックしてもちょっとしか大きくならないという。

せっかく撮っても、これじゃぁね…





まぁ、何が言いたいかというと、


写真見たかっらこんなブログで見てんじゃねーよばーかばーか!

オリジナルは俺しか持ってねーんだよばーかばーか!








家に来たら…高画質で見せてあげてもいいんだからね…///






tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

精神ブラクラ 

 

こんばんは。


友達がいる時は眠い眠い言っていたのに、いざ帰ると何故か目が冴えてしまい…

やはりコーラを3本も飲んだのはまずかったか。



というわけでstones聞きながらskypeでチャットしつつ、とりあえず見てない今季分のアニメでも見っかなぁとか思いつつ今に至るわけだが…



一つ気付いた。

僕なんとなく幸せだ。



あまり幸福/不幸という物の分別方法は好きじゃないんだが、何故か不思議とそう思う。

おいしいカレーを食べて、いい映画を見たせいだろうか。(王立宇宙軍)



食べ物は毎日おいしいし、友達とダラダラするのも楽しい。

お金はそんなにないけれども、たまにCDを買うくらいの余力はある。

ふわふわ生きていくための心のスルースキルにも、なかなか自信がある。



しかし何か足りない。

決定的に足りない。


まぁ、答えは簡単。

彼女という存在だ。



あまりにもいなさ過ぎて、いや期間の問題ではないが…なにやら『彼女』という存在が伝説上、若しくは神話の世界の生き物のように思えてきた。

木綿豆腐を司る神『Kan-o-jo』は、龍の頭を持ち、胴体はライオン、前足は鷲で、後ろ足はワラビー。主に他の神々と戯れ、時に人々に祝福の福音を述べ伝え、また、お米をよく噛んで食べない癖をたびたび指摘される。



しかし、どうやら実在するようなのです。

どこでそんな神々の領域にいける鍵を拾ってくるのかは知らないが、ここ最近僕の周りでその偉業を成し遂げた人間がちらほら輩出された。

恐るべき、事態である。




さて、今も僕はブログを書きつつも、一人の寂しさを噛み締めている最中である。まさに真っ最中である。MMである。

焦り、苛立ち、悲しみ、自信の喪失…それに引き続きたいていは後を引くタイプの強烈な自己嫌悪が待っている。




言ってみてば、現実なんてものは人間に対する最悪の精神ブラクラなわけだ。

illuminism全盛期の哲学者レオパルディさんは、幸せを『不幸が止んだ状態』と定義したが、まったくその通りであると思う。

日々よくわからないシステムの中を泳がされ、他より多くの情報を掴もうと躍起になり、疲弊して、沈んでいく。

ストレスなんてのがちょっと前から騒がれだしたが、別に新しいものではない。
ただ単に『日常』の新しい呼び方を見つけただけだ。



だからこそ、こういうちょっとした事で『なんとなく幸せだなぁ~』と感じられる自分を見いだせた事にとても嬉しく思う。

幸せが幸せなのではなく、幸せを認識出来る事が幸せなのだ。

その種類はまた、現代人が呼ぶよくわからない『価値観』とかいう変な物に左右されるらしいのだが、僕はそんな物興味ない。

とりあえず今は、自分が暖かい布団でカチャカチャとキーを打ってるのがなんとなく心地いいから嬉しい。






ここまで書いて気付いた。

今書いた事は全て矛盾している。


哲学者まで持ち出して不幸の法則を語りだしたかと思えば、なんとなく心地いいとかぬかしやがる、あほか。

でも誰も矛盾がだめなんて言ってない、矛盾はおかしいけど、ありえない事ではない。

実際僕は今布団の中でまだ鍋の中にいるカレーの事を思って微笑みながら、それを明日やっぱり一人で食べないといけない悲しみの大きさに途方に暮れている。


でも今はそれよりずーっと眠いから、もう寝るかな。

寝て状況は変わらないけど、いい休憩にはなるはず!





ゆうばりめろんぐま





疲れたときには、こいつもなかなかの精神ブラクラ。

実物はかなりの威力。






tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

心機一転二転三転 

 

『容量少なめ』


2006年の設立以来、ライブドアからfc2へと移動を挟みつつも2011年度までなんとか持ち堪えてまいりました。

持ち堪えた、といってもほぼ更新なしの状態が2ヶ月間とか、最近はざらなのですが…


しかしこんなブログでも、かれこれ設立5年半。

石の上にも3年、されど光陰矢のごとし。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


最近ではfacebookやらtwitterやらが話題になっちょります。

当初は僕も抵抗を覚えていたものの、今ではどっぷりソーシャルネットワークホリック。


しかし、こうしてネットで手近に出会えるようになったからこそ、よくわからない相手に対する親密感みたいなのが薄れてきたような気がする。


ブログ上で、限られたプロフィールと限られた頻度の日記からその人物を読み取り、興味を覚え、友達になる。

少しばかり非合理的だが、その回り道を楽しんだからこそ共有できる関係もあると思う。



まぁ正直なところ、mixiやtwitterやらfacebookでは書き辛い事やら、躊躇するような事が結構あるからなぁ…(本音)

こういう誰得な文章をたらたら書けるのもここくらいだし、続けていきたいなーと。



さて、今回はテンプレートも一新して、人生初バナー作ったよ!10分で!

福岡の今泉を裏の方(ロフトの北あたり)から撮った写真よー。







現在26:00、HTMLと格闘していたらもうこんな時間。

冬の事とか色々書きたかったが、次の機会に。




すくりま



3月にPrimal Screamのマンチェ公演行くよ!

今から楽しみ。


tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

かうんた!

 

 

おれー!

 

 

かれんだ!

 

 

ついったー!

 

 

さいきん!

 

 

こめんと!

 

 

とらばく!

 

 

つきべつ!

 

 

おきにいり!

 

 

けんさく!

 

 

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。