01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --  -  cm: --
go page top

 

愛すべき超大型犬たち 

 

大型犬が好き。

それも『超』が付くほどの。




わふわふ


確かにうちのチャッピー君もなかなかでかい。

体重は36kgもあるし、頭の位置もちょうど僕の太ももあたりまである。

しかも無敵のかわゆさを誇ると来たもんだ。




しかし、やっぱり全力では遊べない。

どうしても僕の力が上回ってしまい本気で怖がってしまってかわいそう。

しかも12歳のご高齢、あまり無茶できない。




そこで気づいてしまったんですよ、超大型犬の魅力に。

最初の出会いは、親父の友達の家にいたパストーレアブルッツェーゼ。




アブタン



かーーーわーーーいいーーーーーー!!!!!!!!


会った時はまさにこんな感じで立ってました。

最初は警戒してたけど、すぐ仲良くなって転げまわって遊びましたよ!

写真じゃわからんけど、だいたい前足がちょっとヴォリューミーなケバブぐらいある。

もふもふだしもふもふだしもふもふだし、大好き!!!








そして最近近所の公園でみかけたアイリッシュウルフハウンド君!!!



うるたん


かーーーわーーーいいーーーーーー!!!!!!!!

超かわいい、なにこれ、もふもふしてる!

背は高いけど意外とスリム、たぶん毛刈ったらごっそり貧相な事に…

でもかわいいから許す、かわゆすは正義。

もうね、大好き。









ラストは未だ見たことないけどグレートピレニーズ君!



ぴれタン


若干アブ君に似てるけど、実際は全然違う。

イタリア生まれのアブ君とフランスの山岳地帯生まれのピレ君じゃぁ毛の質が全然違う。

まぁどっちもかわゆいからどっちでもいいんだけどね、うん、本当はどっちも飼いたい、てか一緒に暮らしたい。

ソファで寄り添ってテレビを見たい。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



若干フィーバーしてしまいましたが、実際にはこいつらと一緒に暮す余裕は今のところありません。

少なくともUKでは買えないし、イタリアでのオリーブ畑で飼っても会いに行く暇がない。

福岡の家には今のところ住む予定はないし、東京の家にはあの超大型犬と暮らすスペースなんて見当たりそうもない…


それでも僕は彼らが大好き。

いつの日か、いつの日か…









東京行ったらフレンチブルでも飼おうかな…
スポンサーサイト
tb: 0  -  cm: 6
go page top

 

かうんた!

 

 

おれー!

 

 

かれんだ!

 

 

ついったー!

 

 

さいきん!

 

 

こめんと!

 

 

とらばく!

 

 

つきべつ!

 

 

おきにいり!

 

 

けんさく!

 

 

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。