10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --  -  cm: --
go page top

 

マンチェスター大学博物館ツアー 

 

実はマンチェスター大学、博物館なるものも兼ね備えています。

いつも哲学の講義を受けに行く時に横を通るのですが、なかなか入る機会がありませんでした。



そこで、火曜日に親父と彼の彼女と暇すぎたので行ってみました。





全景

中はこんな感じ。

真ん中にぶら下がってるのは古代のクジラの骨の化石。

親父が「絶対日本人が取ったやつや」と捕鯨批判を始めましたが「じゃぁ牛食うなや」と言って黙らせる。


まんもす

真ん中のホールではマンモス君がおでむかえ。

肋骨萌え!


くつろぎタイム


エジプト特集で、棺やらミイラやらが沢山展示されてました。

しかしこいつはリラックスしすぎ、休日の親父っぽい。

目線の先には確実にテレビがあります、はい。


おおかみ

こっから動物さんコーナー。

狼かわゆす!

将来的にはハスキー犬を飼いたい。

お友達になって草むらで遊ぶのーうふふふふふふー


きつね

きつねさん。

うちには『ピッチャー』というこいつに酷似した雑種犬がいるのでこいつはいいや。

ピッチャー君も十分かわゆいもん。

2枚目

(参考資料:ピッチャー君)

凛々し過ぎる、かわゆすぎる。


スピード感

僕の大好きな爬虫類コーナー!

ブレて妙なスピード感が出てしまいましたが、被写体は絶望的な程じっとしてました。

つぶらな瞳に萌え。


顔なし

こんなのがおでんに入ってたら一生トラウマ、二度とおでん食べれない。

しかし顔がどこにあるのかは最終的に不明でした。

もしかしたらないのかも、うん。


双子?


葉っぱの下に仲良く隠れてた赤いカエル!

かーわゆーすなー。


えぐざいる

エグザイル風味。

実際は静止してましたがな。






こんな感じで、3時間程時間潰せました。

しかし閉館時間になって外に出ると、隣にもう一つ博物館の建物がある事に気づき。

どうやら空中の通路で繋がっていたようです。

向こうには鳥さんやら昆虫さん達がいるそうなので、今度行ってきます!


うふふーー






今夜は鍋

入り口近くにいた蟹。

19世紀ごろ日本で取れたらしい。

写真ではわかりにくいが、足を広げると幅4メートル。

真ん中のコア(味噌入ってるとこ)だけでも50センチほど。

一生分の蟹味噌が食べれそう。

肉も鍋に入れてちゅるちゅるやりたい。




うふふー日本帰ったら鍋食べるーーー

うふふーーー





スポンサーサイト
tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

かうんた!

 

 

おれー!

 

 

かれんだ!

 

 

ついったー!

 

 

さいきん!

 

 

こめんと!

 

 

とらばく!

 

 

つきべつ!

 

 

おきにいり!

 

 

けんさく!

 

 

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。