10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --  -  cm: --
go page top

 

母親と本と強引な宣伝。 

 

突然ですが、1年程前ブログにて、

「お父さんの話はよく出てくるけど、お母さんは?」とのコメントがありました。


実は母親は2004年12月26日のスマトラ沖地震で津波に巻き込まれ妹と叔母一緒に他界してます。

僕と親父も巻き込まれたんですが、しぶとく生き残り今にいたるわけです。



今回はこれが本題ではないのですが、この事に少し関係したお話。


1年前程、母親の本が西日本新聞社から出版されました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今から30年程前、海外留学なんてまだ狂気の沙汰だった時代、母親はロンドン、ハワイ、L.Aを転々としていました。

放浪の旅なんかじゃなく、きちっと大学に行きながら。


今の時代のように、外国にいる友達にメールを送れたり、SKYPEで話したりなんかはまったくできないわけです。

ネットすらない、聞くだけで発狂しそうですがw

連絡手段は、『手紙』、若しくはバカみたいに高い国際電話。


ばあちゃんとじいちゃんも、そんな時代に18歳の娘を海外に一人放り出すのは抵抗があったらしいですが、『毎週必ず手紙を書く』という事を条件に承諾したそうです。


それでもすごいがな、じいちゃんばあちゃんwwどんだけパワフルなんだよww


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



で、その手紙が本になったわけです。


僕の記憶の中の母親は随分エキセントリックでしたが、当時の手紙をこの本で読んでみると「あぁ、昔からエキセントリックだったんだな」と再発見。



本


(クリックでAmazonの購入画面にとびます)



これから留学を検討する人、若しくは行った事ある人、興味がある人、興味がない人、最近寝不足な人、どちらかというと猫派な人、若しくは犬派な人、日本語が読める人、これらの条件に当てはまる人は是非ともお買い求め下さい。


というか、買え!




うふっ





ちなみに表紙の絵はこのルカ様がじきじきに書いてます。

巻末にもちょこっと文を書いたりね、うん。

僕のファンなら買うべき。

ファンじゃなくても買うべき。

むしろ僕の事が嫌いでも買うべき。


買うべし。




スポンサーサイト
tb: 0  -  cm: 10
go page top

 

かうんた!

 

 

おれー!

 

 

かれんだ!

 

 

ついったー!

 

 

さいきん!

 

 

こめんと!

 

 

とらばく!

 

 

つきべつ!

 

 

おきにいり!

 

 

けんさく!

 

 

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。