06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --  -  cm: --
go page top

 

Luca in the place to be!!! 

 

すいません、前回の記事からずっとロンドンでのネット環境がなくて更新できませんでした。

However, やっと日本に帰ってこれました。
今は親父の事務所から更新中、明日からは家のPCから更新しようと思います。(もしネットに繋がっていればの話ですけど・・・)

それでは、また。
スポンサーサイト
tb: 0  -  cm: 4
go page top

 

枝豆と黒豆。 

 

昨日はひどく頭痛がしてたんで、更新できませんでした。

ロンドンは1週間前からずーーっと雨続きです。
低気圧になると頭も痛くなるんです。



さて、気を取り直して今日はネイルカラーについて。



女の子の間ではネイルアートは既にお洒落の一環としてかなり広まったと思います。

普段の生活ではもちろん、パーティーなどの時には一層豪華なデコレーションを施して臨むのが定番みたいになってますね。

しかしやはり、ネイルアートで一番基本になってくるのはネイルカラーでしょう。
カラーだけなら殆どの人達がわざわざネイルサロンに行かずとも、家で自分で気軽に楽しめます。


そこで僕は思いました。

別にこれ、男がやっても問題ないんじゃない?

ヘビーメタル系の音楽をやってる人は真っ黒にしてる事が多いですし、パンクなんかでもそうじゃないでしょうか。

全部の指とかだとかなりハードな印象になってしまいますが、数を限れば普段の服装にもすんなり溶け込めるんじゃないかな?とか思ったわけですよ。


という事で、早速実践。

以前イタリアでパンクにハマっていた頃、全部黒にしたのですがかなり印象が悪かったんですよ。


それも踏まえて、早速色選び。


ポップな感じを出すために、できるだけVIVIDな色。
でもあまりフェミニンな印象にならないように黒も入れて。


最終的には財布の中身の事も考えて黒、黄緑、黄色にしました。


画像 198


(黄色が写ってないのは仕様です。)



黒や黄緑はとても発色が良いので1度塗りでも良い感じになりますが、問題は黄色!

なかなか色が定着しないし、ムラが出やすいので中々技術を要します。
黄色はまた今度にして、黒と黄緑だけでやってみた結果がこれです。





画像 197



久しぶりにしてはなかなか上手く仕上がったと思います。
2本の指しかしなかったので、あまり女の子っぽい印象にもならずポップなアクセントをプラスする事ができました。

ここまでは予想通り、と言ったところでしょうか。
右の指にもしたかったのですが、利き手じゃない方で塗るのが意外と難しい事に気づき断念。

(常に両手自分でネイルカラーしてる方、ほんと尊敬しますよ)



学校での印象もなかなかよかったです。
女の子達からは「かわいいねー」、男共からは「クールじゃん!」。
なかなか気に入ってます。





まだまだメンズの間では避けられがちなネイルカラー。
服装に合わせて色を選べば意外としっくりくるもんです。


画面の前で迷ってる君も、今すぐドラッグストアへレッツゴー!




って何を宣伝しているんだ僕は。
tb: 0  -  cm: 7
go page top

 

久々~ん。 

 

お久しぶり。


ロンドンでは昨日からずっと雨が降っております。



外気温、13度。





今ってほんとに7月だっけ?





週末はずっと更新できませんでした。

カラオケに行ったり、昼からビールを飲んでみたり。

中々充実した週末でした。


しかしほんとに楽しいと写真なんか撮らないもんですね、はい。
僕のデジカメの中の記録は金曜日で止まっております。


今日は少し帰るのが遅くなってしまい、雨に打たれてかなり疲れているので。
もぅ寝る事にします。





明日はきっと更新するかも。
tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

回転寿司INロンドン。 

 

昨日家の中でも星屑ろんりねす~とかふざけた事書きましたが。


ほんとやばいかも

ATフィールド(心の壁)をビシバシ感じるもん。

侵食開始…中和できません!!ルカです。




気分が落ち込んでいる時は楽しい事を思い出すのがいいそうですね。

ってわけで、月曜日に起こった事でも。




………………………………


それは日曜の午後の話

宴もたけなわ、僕らは帰路についていました。

(ていうか前回の記事参照)




僕「いっつもバイトばっかしようけどさ、一体何のバイト?」

友「ん~?寿司屋。」

僕「まままマジデ?!どこ?!」

友「ブリューワーストリート。ディーゼルとかの近く」

僕「学校から近いやん!今度行っていい?!」

友「あぁ~言っとくけど回転寿司よ?」

僕「大丈夫大丈夫。回転しない寿司は財布的に無理だから」

友「そっかーまだ17だもんね。よし!ビールはタダにしちゃろう!」

僕「明日にでも来ますよ!」



僕が17歳→ビールをタダにする。っていうプロセスは今一理解できなかったが、お言葉に甘えて明日早速行ってみようと思う。



………………………………



次の日、午後6時半。

授業が終わり、昨日書いてもらった地図を片手に回転寿司屋『KULUKULU』を目指す。


少し迷ったが、7時に到着。

店内で青いエプロンを着けた友を見つける。


友「昨日の一緒に祭りに行った人覚えてる?」

僕「あのスペイン人たち?」

友「そう。その子等も8時半に来るらしいけん、どっかで暇つぶししてきて~」

僕「………うん」

友「ここの通りに、『徒波書店』っていう日本の本屋があるからそこに行ってみるといいよ」

僕「………うん」




かなりお腹が空いていたので結構ショックだったが、例の日本の書店を覗いて見る事にした。

(写真は撮り忘れました、また行く時に撮ってきます)



主に古本を扱ってました。

漫画から文庫本、さらには雑誌まで品揃えは豊富。


村上春樹の文庫本とリリーさんの『東京タワー』で迷いましたが、結局後者を買いました。

(昨日3分の2まで読み進めました、泣けますね)



会計の途中、奥の扉に何かチラシが見えました。



『カラオケ、この奥』



!!!!!!!

カラオケ?!カラオケあるの?!




興奮を隠せ切れないまま、レジを打っていた日本人の店員さんに聞きます。


僕「す、すいません。ここカラオケもあるんですか?!」

店「はい、地下に6つほど部屋があります。15人用の部屋もあって急な宴会にも対応できます」

僕「でも、高いんじゃないでしょうか?」

店「4人部屋でしたら安いですよー。休日だったらフリータイムプランも用意しております」

僕「絶対また来ます!!」



どうやら最新の日本の曲までしっかりカバーしてるらしい。

ストレス発散に良さそう!今度友達と行こう!


約束の時間までCaffe NEROで本を読みます。

ここでも日本みたいにスタバがもてはやされていますが、正直僕はCaffe NEROの方が好きです。


店員の対応もいいし(店によるのかも)、エスプレッソは確実にこっちの方が美味い。

あと紙のコップじゃなくて、きちっとしたコーヒーカップが出てくるとこがGOOD。

日本にはあるのかな?Caffe NERO。



8時半。

ついにすし屋に突入です。









画像 194






おぉ!久々なこの雰囲気!。


早速友達を捕まえてASAHIビールを注文!





スペイン人の友達は案の定まだ来てませんでした。

時間にルーズな人はちょっとねぇ…まぁお国柄しょうがないのかも。
イタリアにいた時に随分慣れたし…








画像 195





僕、幸せ。


ちょっと大げさかもしれませんが、日頃のストレスが吹っ飛んだ気分です。




9時頃にスペイン勢到着。僕もビールをもぅ一本頼んで乾杯です!。

(ビールはタダにしてもらってる友達にも悪いので、2本に留めておきました。)





かなり楽しみましたよ~

財布にも気を使って、安い皿ばっかり9つ取りましたがなかなかおいしかったです。
久々の日本の味。スペイン勢も美味い言ってました。




でもなんか隣の人が気になってしょうがなかった。

寿司屋まで来て、食べるのは枝豆、から揚げ、鳥の南蛮焼き、厚揚げ、ほうれん草のおひたし、海草サラダ、パイナップル、etc...


寿司も食えよ!!!とかほろ酔いの脳みそで考えたりなんかしたり。

(てかよく覚えてるな僕…自分で食った物はなかなか思い出せないのに…)




良く食べて、僕は大満足。

他の人達はこれからパブに行くらしいですが、僕は次の日も学校があるのでこの辺でおいとま。

この日の午後は日本尽くしでしたね、なんか少し早めに日本に帰って来た気分でした。




帰ったらまだ中国語尽くしで疎外感いっぱいなんだけどね。ハハハハハハハハッハハハハ。







画像 196



夜のオックスフォードストリート。
裏道に人が溢れてるのと対照的に、表通りはひっそりしてたのが印象的でした。







(週末は絶対カラオケ行きます。)
tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

スペイン祭りin London 

 

今日からホームステイ先のフラットメートが3人に増えました(僕を除く)

全員台湾人。

ものすごい疎外感。




家の中でも星屑ロンリネス、るかです。


しかし僕だって毎日一人ショッピングしてるわけじゃぁない。
毎日PCにかじりついてるわけじゃぁない。

僕だってたまにはアクティブに外を駆け回るのです!!

いや、言い過ぎた。
駆け回りません、外でもダラダラしてます。


そんなわけで、今日は日曜日に友達と行ったスペイン祭りの様子をお伝えしようかと思います。






……………………………………



日曜日、午前08:00。

起床。



予定も全く入ってなかったし、毎日バイトに明け暮れている友達にダメもとでメール。



僕「今日暇~?どっか遊びいかん?」


友「Blick Laneってとこ行くけど、一緒来る?」


僕「来るーーー!!!!!!!」





ってわけでブリックレーンへ。

てかぶっちゃけ、その時はBlick laneがどこにあるのかすらも知らなかったのですが。

ロンドンの西のほう、要するに近年発展が著しいビジネス街です。
(あの細長い卵型のビルがある辺りです。)



最寄の駅で待ち合わせ。

るか君、15分前に到着。

友達、15分後に到着。

君は本当に日本人なのかい?


まぁそれはいいとして、僕はその時まで何故そんな所まで行くのか全然知らなかった。


僕「何しに行くーん?」

友「スペインの友達がおって、その人達とスペイン祭りに行く」

僕「スペイン?!ロンドンまでわざわざ来てスペイン?!」

友「…ワインがタダで飲めるらしいよ」



そう、ワイン。
ワイン飲み放題、わっほー!!!

ロンドンではお酒買うにもハイ、免許証。
パブに入るのもハイ、免許証。
てな具合だったもんで、僕は2週間近くノンアルコール生活を強いられていました。

しかし今日は解禁!
スペイン人、そんなの気にしない!



画像 186



これが入り口。

ここで7パウンドを払いトークンを5つとワイングラスを貰います。
(トークン一つで料理の小皿をもらえます)



画像 187




自然とこぼれる笑み。

でも、良い感じの笑みじゃなくていやらしい感じの笑み。


ウフフ~アハハ~、じゃなくて、ゲヘヘ~フヒヒ~のタイプ。



さぁ、ついに会場へ!




画像 185



沢山の屋台と、でかいステージ。

ラテン系の音楽がガンガンかかってます。

料理の屋台もあれば、ワインだけのところも。

次々とワインを梯子していきます。





画像 188


みんな ほろよい いいきぶんーー

右端はマレーシア、真ん中日本で上と左がスペイン。

このスペイン人達がかなり盛り上がってました。

その日は丁度、夜にスペイン対ドイツのサッカーの試合が控えておりましたので、更に盛り上がってました。

あの場にドイツ人が混じってたら速攻リンチされてたに違いない、ってぐらいの盛り上がり。






画像 190





ステージでは、所謂ラテン系色男の典型!みたいなのがフラメンコを披露してました。




スペインのワイン。

スペインの音楽。

スペインの踊り。


ほろ酔い気分の僕の耳を通り抜けていくスペイン語。

ラム肉の匂いとかすかに香るフレッシュなワイン。

大音量の音楽に負けないくらいのフラメンコの靴音。


嗚呼、ここはスペイン。

僕は今…スペインにいるんだ。



そんな気分で屋台を巡っていると…

画像 193





ん?見覚えのある赤い旗?
アレはなにかな?…








画像 191








これは多分、スペインじゃないと思う。








そんなこんなで日曜日はとっても楽しかったです。

スペインも優勝して、皆嬉しそうでした!
ビバ!スパーニャ!





(たこ焼きは結局食べませんでした。)
tb: 0  -  cm: 69
go page top

 

かうんた!

 

 

おれー!

 

 

かれんだ!

 

 

ついったー!

 

 

さいきん!

 

 

こめんと!

 

 

とらばく!

 

 

つきべつ!

 

 

おきにいり!

 

 

けんさく!

 

 

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。