05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --  -  cm: --
go page top

 

ロンドン、大学視察編。 

 

前回の学校初日編に引き続き、今回は大学視察編です。

自分が何故この夏短期留学をしようと思ったか、それはずばりロンドンの大学に入学しようと思っているからです。


昨年の秋はボストンにも行ったのですが、あまり時間もなく大学を見学するまでには至りませんでした。

ロンドンも2年前に1週間程滞在したくらいなのですが、古い物と新しいものが入り交ざり混然とした町並み。
誰がイギリス人だか見分けがつかないほどの人種のバリエーション。
ほんとの大都会だけが出せるどこか郷愁に似た雰囲気。

そんなとこが僕はすごく気に入り、前々から語学留学するならココ!って決めてたわけです。

それにいい大学もいっぱいあるし、ロンドンでの大学生活も悪くないな~と思っていたところでしたので、この留学を決意しました。


さて、ここで一つの問題にぶち当たります。





僕は一体何を勉強したいのか。



以下、僕の頭の中で行われた思考です。




これで英語が喋れるようになれば3ヶ国語できる事になる。

やはりこの能力はビジネスに生かすべきではないか。

しかしビジネスと言っても色んな種類がある。

ていうかファッション界にも興味あるんだよな~。

親父の仕事はイタリアでのブランド発掘&日本流通。

これは僕に合ってるんじゃなかろうか。

親父の仕事を継ぐ継がないにしろ、こっちの業界に進むのも悪くないのではないか。

それならエコノミック+マネージメントを勉強しなきゃ。

よし、それを前提で大学を探してみよう!



という、


至極単純な理由により、今回経済+社会科学(できれば商業も)を勉強したいという事になりました。




インターネット等を駆使し、色々調べた結果幾つかの候補が浮上しました。



・UCL。

言わずと知れたロンドン大学。
僕の学力ならギリギリ大丈夫かな、という程度。

・LSE

少しマイナーだが、経済学に関してはイギリスで一番かと。
経済+政治科学に特化した専門校。

・CAMBRIDGE

ここは今回行く時間がなかったが、パンフレットだけもらって来た。
ていうか絶対無理、難しすぎ。
試しに申し込んでみよっかな、程度。

・OXFORD

上に同じ。





他にも色々あるんですが、今回はUCLとLSEにフォーカスしてみます。






UCLは町の中心部に校舎を持つ大学で、地下鉄でのアクセスもかなり便利。
ただ、学校の規模が大き過ぎてメインゲートを探すだけで30分も費やしてしまいました…




画像 144







なにやら…壮大です…


これがあの有名なrapporto aureo(黄金率)ってやつです、初めてみた…

古代ギリシャで発見されたこの法則、まさかロンドンで見ることになるとは…

しかも大学校舎で。




先に「僕の学力ならギリギリ入れるレベル」とか調子こいた事書きましたが…


訂 正 し ま す。



無理無理無理無理無理無理。


この歴史遺産的な校舎に毎日通う自分を想像できない!。



でも一応話しだけは聞いとこうと思い、Prospective student information centreへ。

(略してPSIC。10年後ぐらいにSONYからこんな名前のゲーム機出そう。)




…………………………





聴いた話を要約すると…



・必要とされる成績は全教科合計95点以上(MAXは100)

・必要とされるIELTS(トーイックとかトーフルとかと似た物)点数は7以上(MAXは9)

・母国語意外の言葉が喋れると優先歓迎


などです。




95点と聞くとものすごい高い点数と思いますが、イタリアの学校にはクレジットシステムといのがあって、毎年好成績で進級できると少し卒業試験の時のアドヴァンテージポイントが貰えるのです。



現在僕のクレジットは11点。

全教科合計84点でもこのクレジットを足せば合格できるのです。


しかもこのクレジットは学校で催される行事、補習などに参加すると少し貰えます。


こう考えると、UCLに入る事も絶対不可能ってわけじゃない気がしてきます。





画像 144





来年、この門をくぐれる様に頑張ります…









さーてお次はLSE。



ここも中心街、UCLからも割りと近いです。



さて、校区の様子ですが…








画像 154



これ…大学?…

なんかこんなショッピングモールが福岡にあったような気がするよ、うん。





そして、写真中心に見えるガラス張り空中回廊に注目です。





画像 153


中に人が見えますでしょう?




これ、カフェテリアになっております。


ここの学生は毎日授業の合間に空中回廊でお茶したりするのです、うきー。



いよいよ敵陣中に飛び込みます。









画像 155


なにやらモダン。


大学というか、インテリアショップに来た気分。

あら、あのソファーうちのリビングに合いそうね。





さて、ここでもSTUDENT INFORMATION CENTREにやって来ました。

(略して、SICと書いてありました。病んでないです。)




ここでもUCLと大体同じでしょうか。

最低点数は90点の事、やほーい。
でもその代わり入学試験があるそうです、にゃほーい。










画像 156



受付に何故か猫の写真がずらり。
学長は猫好き(たぶん)









後半かなりグダグダ(主に口調)になりましたが、とりあえずこんなもんです。
来年これ等の学校に入れるよう、頑張ります。









画像 147


あんま関係ないけどその日の夕飯。

中華って大体どこの国で食っても美味いよね、不思議。







明日は今週末の出来事をまとめます。
たぶん今日よりは軽い内容。
スポンサーサイト
tb: 0  -  cm: 8
go page top

 

かうんた!

 

 

おれー!

 

 

かれんだ!

 

 

ついったー!

 

 

さいきん!

 

 

こめんと!

 

 

とらばく!

 

 

つきべつ!

 

 

おきにいり!

 

 

けんさく!

 

 

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。