05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --  -  cm: --
go page top

 

またまた一人ロンドン巡り~星屑ろんりねす。~ 

 

さーてさてさてさーてさて。

今帰ってきましたよ~。
足が棒の様。

今日も一人でロンドン巡ってきました。
どんだけ一人好きやねん、僕。
友達みんなバイトか旅行やもんな~…SHIT!


とりあえず今日の事、忘れないうちにレポートするよん。





………………………………




朝10:30.起床。



だらだらと朝食を取り、だらだらとシャワーを浴び、友達にメール。

僕「ねーーー。今日暇ーー?ショッピング付き合ってーー」

友「悪い。今日、バイト。」


むきーーーー!!
いいもん!一人で行くもん!

バックに財布とメガネとIPODを詰めて、いざ出発。




画像 178



この日の最大のお洒落ポイント。
昔懐かしゴーヤーマンキーホルダー。
(接写は苦手です。いっつもボケる。)


OXFORD CIRCUS駅で降りて、早速練り歩く…
とその前に。


画像 176


先週から目を付けていた店にちょこっと寄ります。
お目当てのカーディガンが…

セール対商品になっとる!!

55パウンドから40パウンドに。
速攻GETです。


画像 184


袖と脇のカラフルなラインがキュート。ねずみのピンバッチもお気に入り。



さて、ここから練り歩きスタート。
でかい道は大体歩いたので、今日は主に小道を行きます。


画像 180


よい感じの小道をヌルヌル歩きます。



ほぅ!こんなとこにバーバリー本店!。MINIのショウルームかわええー。
とか思いながら小道を行きます。

ふと足元に目をやると…


靴、壊れとる!…

画像 182


写真では見えにくいですが、アッパーの生地がパックリ逝ってます。


これは困った。
早速今日のスケジュールに練り歩きの他に靴購入を追加します。

別に歩けないほど壊れてるっていうわけでもないので、またテクテク歩きます

午後2時。かなり遅い朝食を摂ったにも関わらず、お腹がぐーぐー鳴ってきます。

遠目にカーネルおじさんを見つけたので、今日のお昼はKFCに決定!



しかし店内は…


画像 181



この行列。

たぶん10パウンド以上お買い上げの方にPS3プレゼントとかあるんだよ、きっと。
そうでもなけりゃこの行列はありえない。

(写真を撮ったのは入り口入ってすぐのところでした)


しかしよくみると、PS3は貰えないみたいです。

なにやらアラブ系の超大家族(20人くらい)がクレジットカードが認識されないとかなんとかで店側と喧嘩してただけでした。

暢気に待ちます。


30分後、やっと僕の番。
なにやらあのナン(?)みたいなやつで肉と野菜を包んでるやつのセットを注文。
(名前が思い出せない…もぅ歳か…)

味はコメントなし。
ふつうーーーーー。
大体ファーストフード店で味の評価もクソもないだろうよ、君。




さーて、昼食も摂取完了。
今度は靴を探しに行きます。

FOOTLOCKER、OFFICE、SK8ショップ。
色々回ったのですが、一向に決まりません。


もっかいVANSのチェッカー買ってもいいんだけど、これで3足目だし。
いわゆる『流行物』ってのもイヤだし。
スニーカーってのも…ねぇ?…

かなり迷ったわけですよ。

5軒目にて、

「もぅナイキのエアフォースとかでもいいかな~…どうせこのでかい街じゃ誰も俺の事なんて見ないし。」

とか血迷った事を考え始めた頃、ある出来事が。


SCHUHのベンチで途方に暮れていると、僕の隣に何やら綺麗なお姉さまが。



女「ハーイ!」

僕「ハ、ハーイ?」



これはアレだろうか、所謂…

逆ナンってやつだろうか?!



しかしそういうわけでもなさそう。
(ていうか普通ない)


女「ちょっとさー、一つ訊いていいかな?」

僕「あっ、はい?」

女「そのショーツかなりかわいいね!どこで買ったん?!」



ショーツって言うのはこっちではハーフパンツの事らしいです、どうやら。

その時着てたのはロンドンに来る前にミラノで購入したDIESELのデニムのハーフパンツ。
かなりのお気に入り。


僕「あー。これDIESELです。」

女「やっぱりねー!サイドのデザインがかなりいいよね!」

僕「そうですね~、このズレがいいですよね」

女「うん、っじゃ、ありがとー!」


えっ、もぅ行っちゃうんですか?と訊く暇もなく彼女は行ってしまいました。

ていうか、10メートルくらい離れたとこに立ってた男の腕組んでます。


って彼氏持ちかーーーい!!


ちょ…彼氏さん、睨まんといてーー…
うん、ほんとスキンヘッドがお似合いですね…だから睨まんといてー…



しかし、彼女のお陰でもぅ少し頑張れそう。

やっぱ見てる人はいるんだって事がわかると、嬉しいですね。


靴を選ぶ時にそれまでずっとSK8に結び付けて考えてたんですが、もぅ一足VANSは持ってるし今回はSK8関係なく選んでみました。

5軒目にしてついに発見。


画像 183


MOMENTUM、裏地の模様と銀のスカルがアクセント。
久々に派手な靴。


結果的に、大満足です。
いっぱい歩いたけど、最後に良い物を見つけられてほんとよかった。




今回の一人ショッピングもほんと楽しかったです!
しかし、次回は他の人と行きたいかも…





余談。
僕のホームステイ先に今夜から2人台湾人のフラットメート追加みたいです。
来週には台湾の女の子も来るみたいです。
なんか英語より中国語覚えてきそうな雰囲気。
スポンサーサイト
tb: 0  -  cm: 10
go page top

 

細々買い物めぐり。 

 

It's a good job it's Saturday tomorrow!!!!!!!!!!!


ってわけで明日から週末です。

友達はこの週末を利用してフランスに行くそうです。

よって自動的に僕のスケジュールが決まりました、また一人ショッピングですよ。はい。



さーて、暫し現実逃避。

今日はロンドンに来てから買った細々した物を紹介します。





画像 150



まずはこのPROTESTって言うSK8メーカーのリュック。
生地は少々チャチだが、グラフィックが気に入りました。

ただかなり着る服を選びます。
半袖には基本的に似合わないというひねくれ物。
持ち主に似たのでしょうか。









画像 152




これはBODYSHOPで買いました。
東京には確かあったんだっけ?

最初ザクロの香り、と言われて少し考え込んでしまいましたがとてもよい香りがします。
これはボディーソープとして使ってます。

小さいのはリップバターですね。
スイカの香りです。

スイカに香りなんてあったっけか?と思う人もいるかもしませんが…

アレです、アレ。
スイカバーの匂い。

他の地域では知りませんが、福岡では昔スイカバーというアイスがコンビニなどで売られてました。
(今もあるのかな?)

かなりお気に入り。
これは他の香りも色々買って帰りたいと思います。









画像 149





持って来たボストンバックが壊れて服を入れるバックがなくなってしまったので買いました。
今回で一番大きな買い物でしょうか(cm3的に)

牛柄は気に入ってます。
僕の苗字はイタリア語で「闘牛士」って意味があるみたいなんで、丁度いいんじゃないでしょうか。

でもたぶん闘牛じゃない、絶対乳牛とか、大人しいし。





画像 164



なにやらネタがなくなってしまったので、誰かさんの真似して韓国料理とかUPしてみる。

ちょいと高かったけど、美味かったよん。
特にプルコギ。





明日はたぶんショッピング記~。
tb: 0  -  cm: 7
go page top

 

女にモテたい。 

 

さて、ストレートすぎて逆に清々しいタイトルに引き気味の読者も居られると思いますが…

今日はちょっと違ったお話。





突然ですが、皆さん。

同性愛についてどう思いますか?

イタリアでは、キリスト教大国という事もあってまだ全然受け入れられていませんが、ロンドンでは皆割りとオープンみたいですね。


そういう僕も、結婚できるできないとかそういう細々とした問題は別にして、彼らは彼ら(彼女ら?)で割りと好きにやって構わないと思っております。


ここでハッキリさせたきたいのが…

僕は同性愛者ではないという事。

ノーマルとか普通とか言う言葉はなるべく避けたいので、異性愛者とでも呼びましょうか?w


まぁ要するに、僕は男を恋愛対象として見た事はないとい事です。





しかしここで問題が。



僕…そういう方にすごくモテるのです…





正直言って、



全然嬉しくありません。


イタリアでも時々あったのですが、ここでは更にオープンなのでかなり怖いです。




前回の記事で、「スタバで色々起こった」とか意味深な事書きましたが、まさにそれです。




2階席にてノートを広げ勉強していたのですが、ふと前に人影が。

30代ぐらいでしょうか、どこか暑苦しい印象があるおっさん。

彼は僕の前の空席に座っていいかと尋ねて来たので、僕は快く了承しました。



しかしなにやら様子がおかしい。



まず第一に、ここらへんのスタバでは何かしら飲み物を買わないと座れないシステムになってます。
(僕はいっつも一番安いESPRESSOです)

それに反してこのおっさん、何も持ってない。
鞄などもなく、手ぶら。

その時点では別に気にならなかったので何もしませんでしたが、会話をするにつれ段々怪しい雰囲気に。

おっさん「何してんの?大学のレポート?」

僕「まぁそんなもんです、宿題です。」

おっさん「ここで終わらせるの?」

僕「そうですね」

おっさん「ふーーーん」


この短い会話の後、おっさんは眠ってしまいました。

僕は宿題に専念します。




30分後…




僕の宿題も後少しって時に、おっさんが目を覚ましました。


おっさん「宿題終わった?」

僕「いや、まだです。」

おっさん「ふーん、じゃぁ待ってるよ」



さぁ~て、後はまとめを書くだけだ~ってアレ?





なんか今の会話おかしくない?



なんでおっさんは僕を「待ってる」必要があるの?…



とりあえず何かヤバ気な雰囲気。

宿題を終わらして席を立つのが猛烈に怖い。


今こうして淡々と書いてますが、実際は恐ろしく怖かったです。
都会に出てきたばっかりなのにいきなりナンパに声かけられ戸惑う田舎娘の気持ちが良く分かります(違


さらに30分後…

とっくの昔に宿題を終わらすこともできたのですが、おっさんの存在感がそれをさせません。



おっさん「終わった?」(かなりイラついてる)

僕「い、いえ。あとちょこっとです…」

おっさん「俺外で煙草吸ってくるわ」



うん、別にそんな事いちいち報告しなくても黙って行ってもらって結構なのに。

しかしこれはチャーーーンス!
いそいそとノートを片付けます。

階段を降りて、外に出ようとすると…





いるーーーー!!

扉の所に佇んでるーー!!!




優しい店員さん(顔見知り)に事情を話して裏口から出してもらいました…





これはかなり極端な話ですが、中にはいい人もいっぱいいます。

現にその後入ったサングラス屋では店員さんが値引きしてくれました、肩とかかなりベタベタ触られたけどね。

こういう人はなんというんですか、女子高生に群がるおっさんみたいなのと同類なんだと思います。

年齢的には問題なくても、一方的って所に問題があると思われ。





さて、オチのない話をダラダラしてしまいましたが僕の引き出しはこんなもんじゃないですよ。

ゲイのおっさんに絡まれた話なんて山ほどありますとも、えぇ。


しかしこれ以上読者を遠ざけるのもアレなんで、今日はこのへんでお開きにします。






明日はロンドンで買った細々したもの一斉UPです。
tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

一人ショッピングinろんどん 

 

今日学校行ったら自分達のクラスが移動させられてました。

50メートルほど離れた昔のビル。

かなり古い、ってか臭い。


授業終わった後他のクラスメートが抗議をしに行ってましたが、僕はIELTSコースを受けなければならなかったので行けませんでした。

どうなった事やら…






さて、皆さんお待ちかね(?)
今日は週末編です。

今回の週末のテーマは…『とにかく歩き回る!』

まだまだ知らないロンドンを発見して行こうと思います。
(来週末はテムズ川周辺に行くつもり。)


今回歩き回ったエリアは…

Oxford street & Picadelly circus周辺!

今回はOxford周辺にスポットライトをあててみたいかと。
(土曜日にピカデリー。日曜日にオックスフォード辺りに行ったんで主に日曜の事書きます)



…………………………






土曜日にTed Bakerのセールで勝ち取ったベストを早速着て、地下鉄でOxford Circus駅へ。


画像 170



このベストはかなりお気に入り。
今日はこのベストに合うシャツをもぅ一着くらい欲しいので、積極的に探したいと思います。





駅の周辺から西へ西へと道を行きます。



画像 171


車が少なく見えますが、たまたま車列が途絶えただけです。たまたま。



正直こういう町でショッピングに一人で行くってのは初めてですが…

かなり楽しいです。

他の人の意向で全然興味ない店に入らなくて済むし。
逆に自分の好きな店には幾らでも時間かけていいし。

Ipodから流れるのは、PrinceのChelsea Rodger。
ウッキウキです。


この時点で既に幾つかの店をチェックしたのですが、値段を比べたりしたいので後でまた来る事に。
お腹がすいてきたので、お昼ご飯です。

ほんとはKFCかバーガーキングが良かったのですが、近くになかったのでマックへ。
(フィッシュ&チップスとかはマジ無理。あれ不味い。)





画像 172


込んでた時間にも関わらず、窓際の席に座れました。
向かいに見える建物はロンドンファッション大学。

肝心のお味ですが、マックはマックです。
こんなところで味の批評なんかしても、何の利益もありません。
マックはマック。美味い不味いじゃないんです。

(ところで福岡ではマックです。学校の大阪の友達が「マクド」とか言ってますが、かなり違和感有ります。)




お昼ご飯をしっかり充填したら、またウィンドウショッピング続行です。

よく、

「ショッピングは好きだけど、やっぱ最後に何か買わないと不満!」

と言う人が居ますが、僕はあまりそうは思いません。


色んな店や服を見て、流行を自分なりに分析してみたり。
店の品物の最低価格と最高価格を比べてみたり。(この幅でターゲット層がなんとなくわかる。)

自分に似合いそうな服だけを探すんじゃなくて、こういう風に様々な視点から見るととても面白いです!。

(まぁ結局この日は僕もなにかしら買ったんですけどね。)



とりあえず大体買いたいものは決まりました。
午後3時ごろ、スタバで休憩です。




画像 173


エスプレッソでリラックスしながら、ついでに宿題も終わらせときましょう。

このスタバで色々起こったんですが、これはまた明日にでも。





さて、ついに今回の戦利品の登場です。






画像 174



マックのすぐ近くで見つけたアウトレットでのセール対象品。

FRED PERRYのチェックの半袖Yシャツ。
これが30パウンドは安すぎる!
正規店で同じ物を見たのですが、2倍以上の値札がぶら下がってました。らっきー。


もぅ一つの戦利品は、写真にも写ってるチェック柄のリストバンド。
2パウンドでした(安

(てか今日チェッカー系ばっか買ってね?…)



もぅ一つとってもかわゆいカーディガンを見つけたのですが、外が暑くて購買意欲が今一湧きませんでした…

今度また寒い雨の日なんかに来ようと思います。



画像 176


僕好みのいい店。
sk8系ブランドもいっぱい置いててGOOOOOD。





まぁこんな感じで色々楽しみましたよ、一人ショッピング。
来週も行ってみようと思います!!!


明日はスタバで起こった事+他に買った細々した物UPするよー。
tb: 0  -  cm: 3
go page top

 

ロンドン、大学視察編。 

 

前回の学校初日編に引き続き、今回は大学視察編です。

自分が何故この夏短期留学をしようと思ったか、それはずばりロンドンの大学に入学しようと思っているからです。


昨年の秋はボストンにも行ったのですが、あまり時間もなく大学を見学するまでには至りませんでした。

ロンドンも2年前に1週間程滞在したくらいなのですが、古い物と新しいものが入り交ざり混然とした町並み。
誰がイギリス人だか見分けがつかないほどの人種のバリエーション。
ほんとの大都会だけが出せるどこか郷愁に似た雰囲気。

そんなとこが僕はすごく気に入り、前々から語学留学するならココ!って決めてたわけです。

それにいい大学もいっぱいあるし、ロンドンでの大学生活も悪くないな~と思っていたところでしたので、この留学を決意しました。


さて、ここで一つの問題にぶち当たります。





僕は一体何を勉強したいのか。



以下、僕の頭の中で行われた思考です。




これで英語が喋れるようになれば3ヶ国語できる事になる。

やはりこの能力はビジネスに生かすべきではないか。

しかしビジネスと言っても色んな種類がある。

ていうかファッション界にも興味あるんだよな~。

親父の仕事はイタリアでのブランド発掘&日本流通。

これは僕に合ってるんじゃなかろうか。

親父の仕事を継ぐ継がないにしろ、こっちの業界に進むのも悪くないのではないか。

それならエコノミック+マネージメントを勉強しなきゃ。

よし、それを前提で大学を探してみよう!



という、


至極単純な理由により、今回経済+社会科学(できれば商業も)を勉強したいという事になりました。




インターネット等を駆使し、色々調べた結果幾つかの候補が浮上しました。



・UCL。

言わずと知れたロンドン大学。
僕の学力ならギリギリ大丈夫かな、という程度。

・LSE

少しマイナーだが、経済学に関してはイギリスで一番かと。
経済+政治科学に特化した専門校。

・CAMBRIDGE

ここは今回行く時間がなかったが、パンフレットだけもらって来た。
ていうか絶対無理、難しすぎ。
試しに申し込んでみよっかな、程度。

・OXFORD

上に同じ。





他にも色々あるんですが、今回はUCLとLSEにフォーカスしてみます。






UCLは町の中心部に校舎を持つ大学で、地下鉄でのアクセスもかなり便利。
ただ、学校の規模が大き過ぎてメインゲートを探すだけで30分も費やしてしまいました…




画像 144







なにやら…壮大です…


これがあの有名なrapporto aureo(黄金率)ってやつです、初めてみた…

古代ギリシャで発見されたこの法則、まさかロンドンで見ることになるとは…

しかも大学校舎で。




先に「僕の学力ならギリギリ入れるレベル」とか調子こいた事書きましたが…


訂 正 し ま す。



無理無理無理無理無理無理。


この歴史遺産的な校舎に毎日通う自分を想像できない!。



でも一応話しだけは聞いとこうと思い、Prospective student information centreへ。

(略してPSIC。10年後ぐらいにSONYからこんな名前のゲーム機出そう。)




…………………………





聴いた話を要約すると…



・必要とされる成績は全教科合計95点以上(MAXは100)

・必要とされるIELTS(トーイックとかトーフルとかと似た物)点数は7以上(MAXは9)

・母国語意外の言葉が喋れると優先歓迎


などです。




95点と聞くとものすごい高い点数と思いますが、イタリアの学校にはクレジットシステムといのがあって、毎年好成績で進級できると少し卒業試験の時のアドヴァンテージポイントが貰えるのです。



現在僕のクレジットは11点。

全教科合計84点でもこのクレジットを足せば合格できるのです。


しかもこのクレジットは学校で催される行事、補習などに参加すると少し貰えます。


こう考えると、UCLに入る事も絶対不可能ってわけじゃない気がしてきます。





画像 144





来年、この門をくぐれる様に頑張ります…









さーてお次はLSE。



ここも中心街、UCLからも割りと近いです。



さて、校区の様子ですが…








画像 154



これ…大学?…

なんかこんなショッピングモールが福岡にあったような気がするよ、うん。





そして、写真中心に見えるガラス張り空中回廊に注目です。





画像 153


中に人が見えますでしょう?




これ、カフェテリアになっております。


ここの学生は毎日授業の合間に空中回廊でお茶したりするのです、うきー。



いよいよ敵陣中に飛び込みます。









画像 155


なにやらモダン。


大学というか、インテリアショップに来た気分。

あら、あのソファーうちのリビングに合いそうね。





さて、ここでもSTUDENT INFORMATION CENTREにやって来ました。

(略して、SICと書いてありました。病んでないです。)




ここでもUCLと大体同じでしょうか。

最低点数は90点の事、やほーい。
でもその代わり入学試験があるそうです、にゃほーい。










画像 156



受付に何故か猫の写真がずらり。
学長は猫好き(たぶん)









後半かなりグダグダ(主に口調)になりましたが、とりあえずこんなもんです。
来年これ等の学校に入れるよう、頑張ります。









画像 147


あんま関係ないけどその日の夕飯。

中華って大体どこの国で食っても美味いよね、不思議。







明日は今週末の出来事をまとめます。
たぶん今日よりは軽い内容。
tb: 0  -  cm: 8
go page top

 

ロンドン、学校初日編 

 

夜は一人。

宿題をやると急にやる事がなくなります、ルカです。




昨日はすいません、ネットコネクションが突然切れて記事かけなかったです。
(今もかなり不安定)



さて、気をとりなおして今日は学校初日編を書こうと思いますが、(月曜日でした

この一週間の事をこの記事と明日書く『大学視察編』にまとめようと思っております。
僕的にはそっちの方が楽ですし、読者の方にもその方がグダグダしなくていいでしょう?
いいでしょう?(一体誰に訊いてるんだろう…


それでは、学校初日編です。







8:30AM

学校が始まるのは12時半ですが、移動時間40分(地下鉄)、大学の視察時間最低1時間を見積もってこの時間に起きてみました。

しかしやはり緊張します。

今回行く学校は英語教育に特化したやつでして、生徒数も多くコースの種類も充実しています。

(別に学校側の回し者ではないです)

学校のパンフレットで見る限りでは、平均年齢が23歳ぐらい…
17歳の僕が行っても上手く溶け込めるでしょうか?…

不安が募ります。


そんな僕に微笑みかけてくれるのはこのお姉さんだけ。



画像 140



アイスカフェモカショートサイズのお姉さんです。

このスタバ、学校の向かい側にあって学生がよく出入りしてます。
学生の会話を聴きながら、僕の緊張はさらに高まります。


お姉さんに別れを告げて、遂に敵地(?)へ乗り込む。






画像 146




ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…






小さく見えますが、2階、3階も校舎になってるのでけっこうでかいです。


レセプションで色々説明を受けて、簡単な小テストをさせられました。

自分の生まれ育った町の事を150語以内で書けと言われたので、思いつくままに書いてみました。


結果はまぁまぁ

IELTS(トーイックみたいなテスト)5点レベルだろうといわれました。
(MAXは9点)



さて、いよいよ授業です。

この辺写真がないですが、また後日撮ってこようと思いますよ。




肝心の授業ですが、なかなか良いです。

あまり板書などは無しに、会話中心なので中々楽しめます。


僕は今回2つのコースに申し込みました。

standard English courseとIELTS courseです。


今話したのはSTANDARDの方。



IELTSはもっとハードです。

英語レベルかなり高い人がゴロゴロ居るし、その人たちと色々ディスカスしなきゃなんないからかなり大変。

でも難しい程上達レベルも早いと思います。(ていうか望みます。)










さて、ここまで書いて思ったのですが…






ふつうーー!!!!



これ普通の日記やん!!




まぁいいや、こんな日もあるさ。



(明日の大学編はもっと面白くなくなりそう…)






とりあえず一日目を無事に終え、帰宅。

友達も何人かできたと思います。(韓国の人多い












画像 151



しかしアレですね。超疲れます。


昨日は帰ったら速攻寝ました…

(写真はホームステイ先のフラットメートに撮られました。)
tb: 0  -  cm: 4
go page top

 

ロンドン1~2日目。ネイキッド自転車と僕。 

 

今日は奇跡的に宿題が読み物だけだった。
たったの14ページ。
あの学校怖い、宿題怖い。



さて、昨日ブログを更新してふと思ったのですが。

「このままのペースではいつまでたっても本来の日付に追いつけないのでは?…」

そうです、今のまま一記事につき一日分書いてたらいつまでたっても今日の事を書けないのです。


というわけで、少しペースアップする事にしました。
ソレデハ、ろんどん編1日目2日目、すたーとデェ~ス。(無駄にカタコト)




プロペラ機での飛行は至って快適でした。
ジェット機よりも静か、揺れも少なめ。

至極コンフォートな旅を終え、僕達親子は遂にロンドンの地を踏む。


入国手続きを終え、電車で町の中心にあるホテルへ向かいます。


画像 132


ロンドンでは割と夜遅くでも明るいです。(午後8時ごろでした)



しかし正直、ロンドンの事をなめてました。

物価が高いとは散々聞いていたのですが…

まさか電車の切符が一駅4パウンド(ほぼ800円)するとは思いませんでした。


(後でOYSTER(日本で言うSUICA)を買うとかなり安く乗れる事が分かりました)



そんな理不尽な値段にエキサイティングしつつ、一路ホテルへ。





画像 133

電車の中で見た無駄にファンキーな広告。
これからの留学生活への期待が高まります。


その日は時間も遅いしとても疲れていた事もあってホテルでの食事の後すぐ寝てしまいました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



次の日。



その日は学校の視察ついでに中心街でショッピングです!

ファッション大好きな僕にとってはかなり心躍るスケジュール。


ロンドンの一番活気のある通りといえば、言わずと知れた『OXFORD STREET』。
実は今回行く学校もその通りにあります。

という事は…

毎日通学しながらウィンドウショッピングが楽しめる?!

(目を輝かしているルカ君を想像しながら読んでください。)



そんなウッキウキな想像をしながら地下鉄に乗って町の中心へ。

そこで最初に見た店とは???!!!













画像 134


ユ ニ ク ロ 。





しかしガッカリするのはまだ早い。

何やら店の商品の雰囲気が違う?…



そうです、コレ、日本ではユニクロpremiumって呼ばれてる代物なんですわ。
現地のデザイナーと協力して、クオリティ高いものを安い値段で提供してるんですわ。

ロンドンでもかなり人気があるみたいでOXFORDストリートに3軒、REGENCEストリートに1軒見つけました。
(どちらもかなりお客さんはいってた。)


僕も入ってみましたが、かなり可愛い物がいっぱい置いてありました。
T-シャツなども、日本のアニメや漫画とのコラボ作品が数多く見られ、現地の人の人気を集めていました。

僕も可愛いサンダルを見つけたので購入しました。
(後日写真UPします)

クオリティは高いのですが、やはり値段も少々高いです。
日本のユニクロの2倍ってところでしょうか。
しかしロンドンの中心街という立地、物価の高さ、商品の出来のよさを考えれば決して高くない値段だとは思いますけどね。


さて、ユニクロについて少々書きすぎてしまったでしょうか。
次の店を見ていきましょう。













画像 145


無 印 良 品 。





はぁ…なんかさっきから日本語ばっかり見てる気がします…
店の中も日本人だらけでさながら日本にいる気分です…

しかし文房具から洋服まで、なんでも置いてるこの店が学校の近くに2軒もあったらかなり心強い。
上の写真のノート2冊とアルミのペンケースを買いました。
(やはりここでも値段は少々高め。)





ここに来て、僕のロンドンへの印象はかなり良いです。
少々物価は高いけどなんでもあるし。
ご飯はあんまりおいしくないけど中華や韓国料理で凌げるし。
地下鉄は便利だし、町はファッショナブルだし。

これからの生活もきっと大丈夫だろう!と心の中で小躍りしていたところ…

その確信を根本からぶち壊す出来事が!


















画像 135


画像 138




やっぱり外は少し寒いなぁ~とか思いながら無印良品から出ると、


この光景ですよ。




道を満たすネイキッド自転車族。

呆然とする観光客。

笑いながら写真を撮る現地人。




この人たちは何がしたいんだろう?

なにをプロテストしているのだろう?

実際寒くないのだろうか?

若い女の子は別に恥ずかしくないのだろうか?







頭の中を数々の疑問文が駆け巡り、一瞬にして消え去った。

そして僕はひっそりと呟く。






「ロンドン怖いよママン…」









ロンドンは僕の純粋無垢な心に生々しいトラウマを植え付け、2日目は幕を閉じました。
tb: 0  -  cm: 4
go page top

 

チョコレートまみれベルギー旅行~観光編~ 

 

今やっと学校で出た宿題が終わったところです。
あの学校宿題モリモリ出る、怖い。


さーて、モリモリ学校の事はまた後日語るとして、今日は昨日の続き。
ベルギー旅行観光編です。

ホテルからチェックアウトして、早速街中へ。


画像 111



建物がコマゴマしててかわゆいです。

写ってる人々を見てください。

今日もかなり高い厚着率を記録しました。

ちなみに4日前、6月半ばです。

こんなサマー。
僕は認めない。




さて、アントワープと言えばフランダースの犬で有名ですが、ついにあの大聖堂にやって参りました。

画像 109



かなり迫力があります。

この荘厳な装飾、塔の形からわかるように、ゴシック建築ですね。

しかし、ミラノの大聖堂然り。
ゴシック建築ってのは大体がシンメトリーなんです。(左右対称)
この様に左右の塔の高さが違うのはあまり見ないパターンです。

早速教会の中のインフォメーションセンターで聞いてみました。



………………


………………


………………





2つ目の塔を建築中に予算が足りなくなったそうです。



どうりで左側の尖塔が妙に中途半端なわけです。






教会の前に銅像がありました。


画像 104


静かに佇む銅像。
















さて、何人騙されたでしょうか。

実はこれ、銅像じゃありません。

人間です。





実は僕も最初全くわかりませんでした。


こいつ、前に置いてあるボールに小銭を入れるとロボットダンスを披露してくれます。

なぜロボットダンスなのかは知りませんが、すごい事に変わりありません。


世界には色んな人がいるもんです。









画像 105




すぐ近くにあったフランダースの犬の記念碑です。

「パトラッシュ、僕もぅ眠くなっちゃったよ」

この台詞を思い出すだけで目に涙を浮かべる人も少なくないでしょう。


しかし、すぐ近くに涙を吹き飛ばすような事が書いてありました。








画像 106



世界のトヨタ、童話の世界にまで首を突っ込むの図。








早々と市内観光を切り上げて、ついにロンドンに出発です!

市外の小さい空港からLondon city airportに一ッ飛びです。





しかし、空港で僕らを待ち受けていた者とは…











画像 130






プ ロ ペ ラ 機。


本音を言わせてもらうのでしたら、


「これ…大丈夫なの?…」

って所ですかね。

親父の笑顔も引きつっておりました。






無題




多分今年入って最高の嫌そうな顔。


僕の人生に於ける嫌そうな顔ランキングの中でもかなり上位に食い込めそうな嫌そうな顔。








さて、ルカは無事にロンドンに着くことができるのか?!!

乞うご期待!!!!





ていうか今ここでブログ書いてる時点で無事に着いた事くらいわかるんですがね。
頭のいい読者は突っ込まないように、機嫌を損ねる可能性があります。





コメント返信しました。
tb: 0  -  cm: 6
go page top

 

ベルギーwithoutチョコレート~仕事編~ 

 

さーて、やって来ましたベルギー。

チョコの国。

甘いもの大好きのチョコラーにとってはまさに聖地でしょう。

残念ながらルカはチョコラーではないので今回そういう話題はまったく出てきません。
じゃぁなにしに行ったんだよ、的な台詞が聞こえてきそうですが…

親父の仕事の都合です。
ふつうーーーーーーーーーーーーー。



しかし、空港についた時点で少々問題発生。

まずはこの写真を見て貰いたい。




画像 076








これ、別に冬に行って撮ったわけではありません。


6月の半ばでこの厚着率!!


外気温12度。
こんなサマー、僕は認めない。


ちなみにその日の僕の服装。



画像 087



ミラノでは十分暑かったのだが、一応北の方に行くからと保険で着てきたカーディガン。



まったく役に立たず。


コットンだし、太編みですけすけだし。
SHOWROOMに着くまでに速攻で鼻水ズルズルるか君の完成です。



今回の一軒目。



画像 082



知る人ぞ知る(?)、SOFIE D’HOORE。

日本ではレディース中心に展開中です。
他にも写真は色々あるのですが、工房が写ってたり次の秋冬コレが写ってたりでアップできません。
ご了承ください。

(とりあえずメンズの冬物のジャケットを買いました…ありがたや~)


さて、早々と次に移りましょう。

次の町は、あのフランダースの犬でお馴染みのあの町です。
主人公がルーベンスの絵を見るために来た大聖堂のある、アントワープです。

(町の写真は明日の観光編にて。)

このアウトレットの経営者は親父との旧知の仲らしいです。
店のセンスもとてもいいのですが…


画像 089



はい、うっすらと名前がガラスに映ってますね。


XSOです。


ローマ字読みすると、クソです。
現地の人もそう発音します。


日本進出に向けての最大の課題は、やはり改名でしょうか…




この日はこの店のオーナーと色々話したり、今ヨーロッパで大ブレイク中のヨウジヤマモトさんの店を見に行ったり(ここでも写真はNGでした。)とても楽しめました。





この日はオーナーさんに紹介してもらったアンティークホテルに泊まりました。
白いフローリングが新鮮。

画像 129

















なにやら普通の日記になってしまった…
ブログってこんなのだっけ?…

あっ、コメント返信始めました。
よかったらチェックを。
tb: 0  -  cm: 4
go page top

 

短期留学、始めました。(冷やし中華的なノリで) 

 

どうも、お久しぶりです。

ここ3ヶ月ほど、ルカはイタリアでの高校4年生を無事に終える事ができました。
ブログの更新はかなり滞りましたが、必死の勉強の末、留年をなんとか免れる事ができました。






さて。

突然ですが今ロンドンにいます。


5月の半ばに行きたい大学を色々調べた所、なにやらロンドンが良さそうな雰囲気。
親父と相談して、5週間ほど言語習得のため短期留学をする事にしました。


今日は学校一日目でした。
現在超グロッキーな状態でPCに向かってますが、今日はこれ以上書く気が起こりません…


なので、明日から。

ロンドンに来る前に行ったベルギー旅行も含め、写真を交えながらお送りしたいと思います。



では。












現在、HOMESTAY先の隣の家のWI-FIを横取りしながらネットに繋いでます。
かなり不安定。
びっくりするほど不安定。
今日の学校初日での落ち着かない僕の心くらい不安定。
でもみんな優しそうだからちょっと安定(日本人の女の人もいた)
このFC2の管理画面に行き着くだけでもどんなに時間がかかったか…(涙

いざとなったら学校のPCから更新しますんで。
tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

かうんた!

 

 

おれー!

 

 

かれんだ!

 

 

ついったー!

 

 

さいきん!

 

 

こめんと!

 

 

とらばく!

 

 

つきべつ!

 

 

おきにいり!

 

 

けんさく!

 

 

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。