06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --  -  cm: --
go page top

 

赤と金と 

 

aka


似たもの同士でもはっきり違うとこはあって。

いがみ合ったり噛み合わなかったりするけど。

結局は隣同士にいる。


そんな関係も素敵かなって。


スポンサーサイト
tb: 2  -  cm: 1
go page top

 

試験前の部屋模様替え欲の高まりは異常 

 

部屋2

部屋1

部屋3

部屋4


部屋5


部屋の模様替え。

どうしてもカーテンの柄に違和感を覚える。

あとはハンガーラックと収納少し増やしたいかも。



来年も住むっちゃけん、多少出費は嵩んでも居心地のいい部屋にしたいなー


tb: 2  -  cm: 3
go page top

 

Second to last 

 

swopgethigh



exams must diiiiiie!!!!!



tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

試験期間 

 

おちゃ

でんしゃ

すーつ

あし

きいろいはな

なにげない


昨日今日は雨模様。実際は曇り。

だから、楽しい思い出に身を沈め、じっと沈黙している事にしている。

一人で吸う煙草はやっぱりあんまりおいしくないよ。


tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

スクリーマデリカ!! 

 

でりか!!


行ってきました、スクリーマデリカ。

赤と青と黄色の照明、緑色のレーザービームと時を止めるストロボ。

くねるボビー、唸るハウリング、踊り狂うオーディエンス。




くろきいろ


少し遅れて21:00過ぎに登場した彼ら。

Screamadelicaの中で、唯一のプロパーなロックチューン、『movin' on up』から始まった今夜のギグ。

ビール片手に集まった人々、そこら中から既にガンジャの匂いが漂う。

90年代にタイムスリップしたみたいだ。



うずまき


元々シングルの寄せ集めて作られたこのアルバム。

ベストアルバム扱いする人や、商業的すぎると叩く人もいるが、全体のフロウと統一感はまさに唯一無二。

Primal Scream、本人達がどんなに嫌でもこのアルバムは呪縛の様に彼らの上に影を落とし続けるだろう。





ぼびーたん



今回のスクリーマデリカ20周年記念ツアー、またの名を『ボビー祭り』

なにあのおっさん、かっこよすぎ。

結成が82年という事は…何歳だあの人。

親父と同じぐらいじゃないんだろうか…

それにしてもあの細さ、声、笑顔、くねくね。

掘られてもいいと思ったね、割とまじで。




ぶっぱん!


2時間に及ぶSICKな時間が終わった頃には、財布の紐もゆるゆるぐるぐる。

Tシャツにバッジに、マグカップまで買っちゃったよ。

大事に使うのですよ。



けばぶ



博多での、ライブ帰り飯は絶対ラーメン。

マンチェスターでは絶対ケバブ。

貰ったギグパンフをじっくり見ながらむしゃむしゃもぐもぐ。至福のひととき。





しーゆー!


今は、疲れて体調を崩した彼女を寝かしつけ、ビーフシチューを煮込みながらライブの余韻に浸っているところ。

冬に行った、おとぎ話の『HOKORI tour』を軽々超える感動。

アンコールに入る時の、ボビーさんの、「now, time for some rock' n' roll」にまじ鳥肌。

やっぱりかっこいい人はいつまでたってもかっこいい。



月一くらいでやってくれないかな、って。

また見たいな、って。


彼等の事がもっと好きになった一日でした!






tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

かうんた!

 

 

おれー!

 

 

かれんだ!

 

 

ついったー!

 

 

さいきん!

 

 

こめんと!

 

 

とらばく!

 

 

つきべつ!

 

 

おきにいり!

 

 

けんさく!

 

 

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。